64BitのAIX(他にHP-UX、Soralis、Linux等同じPIFパッケージが使用されているOS)でr8.5のImplementation Toolsetのインストールが失敗することについて

Document created by IKU-OSAKA Employee on Jul 13, 2015Last modified by IKU-OSAKA Employee on Mar 1, 2017
Version 7Show Document
  • View in full screen mode

文書番号: JTEC001823

製品名: CA Gen

バージョン: CA Gen Workstation Toolset : 8.5

OS:

 

 

◆ 詳細内容

 64bitのAIX(他にHP-UX、Soralis、Linux等同じPIFパッケージが使用されているOS)へGen r8.5のImplementation Toolset(以下 IT)をインストールしようとしたところ、エラーが発生しインストールが失敗します。

この問題は、ITのインストーラから呼んでいるライセンスプログラムのインストーラが日本語のlocaleを正しく認識していないために発生します。具体的には、localeのLANG環境変数にLANG="ja_JP.UTF-8"を使用している場合にこの問題が発生します。

 

◆ 解決策

この問題は、インストーラの不具合のために発生することと、後述の回避策が提示されていることもあり、現バージョンではPTFによる修正は予定されていません。今後のリリース以降での修正となります。つきましては、以下(1)もしくは(2)のいずれかの方法で当該エラーを回避してインストールを進めていただけますようお願いいたします。

 

 (1) ./setupを実行する前にlocaleのLANG環境変数を"en_US.UTF-8"に設定し、インストールが終わったらLANG環境変数を元にもどす。

 

 (2) ./setupコマンド実行時に明示的にインスタンス名を指定する。 (デフォルトのインスタンス名をインストール時に生成するときに、日本語のロケール上では正しく動作しないため)

 

PIFについて

 弊社では、Linux および UNIX システムのソフトウェアパッケージングの標準であるPIFProduct Interchange Format)を製品のインストーラとして使用しています。

Attachments

    Outcomes