データマート抽出ジョブの結果確認方法

Document created by shoichi.sugawara Employee on Jul 15, 2015
Version 1Show Document
  • View in full screen mode

文書番号: JTEC2083

製品名:   Clarity12.x Clarity13.x

プラットフォーム: Windows

データベース:Oracle

 

 

◆ 概要説明

データマート抽出ジョブが失敗した場合や、実行に時間がかかっている場合に、
どこまで処理しているかを確認する手段は存在するか?

 

◆ 解決策

データマート抽出ジョブでは、内部のステップにてストアードプロシージャなどを実行しています。このステップの状況はNBI_RUN_LOGSテーブルに履歴として随時書き込まれますので、調査する上ではログとともに有効な情報となります。
例として、NBI_RUN_LOGのINFOカラムには以下のような情報が随時書き込まれます。

例1:
EXTR_PCF_TTL_PROJECTS=5492

この場合は、プロジェクトが5492件処理されたことを示しています。

例2:
STATE=ERROR:Calling NBI_EXTR_PRTF_SP

この場合は、NBI_EXTR_PRTF_SPプロシージャを呼び出したところでエラーが発生したことを示しています。

Attachments

    Outcomes