ROSGBLとは何ですか? また、CA-Roscoeのアップデート版またはJESの新リリースを取得するたびにROSGBLを再アセンブル・リンクする必要があるのはなぜですか?

Document created by Kenji_Tsuda Employee on Jul 15, 2015
Version 1Show Document
  • View in full screen mode

文書番号:JTEC001592

製品名:CA Roscoe

バージョン:R6.0

OS:z/OS

 

Question

ROSGBLとは何ですか? また、CA-Roscoeのアップデート版またはJESの新リリースを取得するたびにROSGBLを再アセンブル・リンクする必要があるのはなぜですか?

 

Answer

ROSGBLとは、SRB(Service Request Block)を含んでいるCA-Roscoeマクロで、ATTACH JOBプロセッサに対してJCT(Job Control Table)のディスク・アドレスを見つけます。 CONSOLEプロセッサについては、SRBがコンソール・バッファを読み込みます。 DISPLAYプロセッサに関しては、SRBがJESキューをスキャンして特定のDISPLAYコマンドで必要となる情報タイプを探します。 製品リリースごとにCA-RoscoeマクロおよびJESマクロは変更されるため、CA-RoscoeまたはJESのアップグレード時に、この重要なマクロを再アセンブル・リンクする必要があります。

Attachments

    Outcomes