CA InterTest r8.5の導入で、新FMID CVH8501の導入 や HFSディレクトリの作成は必須ですか?

Document created by Soichi_Nagatomo Employee on Jul 23, 2015Last modified by Soichi_Nagatomo Employee on Jul 23, 2015
Version 1Show Document
  • View in full screen mode

文書番号: JTEC001979

 

製品名:CA InterTest/SymDump

バージョン:8.5

OS: z/OS

 

Question

CA InterTest r8.5の導入で、新FMID CVH8501の導入 や HFSディレクトリの作成は必須ですか?


Answer

FMID CVH8501の導入 や HFSディレクトリの作成は オプションです。

 

CA InterTest r8.5では、CICSで実行されるCOBOL、PL/I、Assemblerアプリケーションデバッグにて新Graphical User Interface (GUI)を提供しています。このGUIインターフェースは、Common User Interface (CUI)と呼ばれ、FMID CVH8501を適用することで導入されます。

 

CA InterTest for CICS r8.5 導入のでStep 5a VH85HFSで作成されるHFSディレクトリは、GUI機能のみが使用します。

 

GUIインターフェースを導入しない場合、Step 7 の BA85DDD のJCLを編集し、以下のステートメントを削除してください。

 

REP DDDEF(CAIHFSU)

REP DDDEF(CAIHFSI)

REP DDDEF(CAIHFSB)

 

CA InterTest r8.5の新機能については、弊社WEBサイトより「Release Note」をご参照ください。

GUIインターフェースについてはGraphical User Interface Primer」をご参照ください。

当ガイドは CA InterTest または GUIインターフェースについての入門書となっております。

Attachments

    Outcomes