TPX 5.3 へのアップ後、TSOやCICSへログオンできない

Document created by Soichi_Nagatomo Employee on Jul 23, 2015Last modified by Soichi_Nagatomo Employee on Jul 23, 2015
Version 1Show Document
  • View in full screen mode

文書番号: JTEC001992

 

製品名:CA TPX

バージョン:5.3

OS: z/OS

 

Question


TPX 5.3 へのアップ後、TSOやCICSへログオンできない


Answer

 

VTAMでのエラー内容を確認します。

エラー内のLOGMODE名がT3278MDEである場合、これはTPX R5.3で導入された動的LOGMODEです。

MDEは、TPXがアプリケーションへ動的LOGMODEをパスする機能サポートのためにR5.3にて追加されました。

 

これは以下のLOGMODEテーブルに含まれています。

 

TPXLGMOD、TPXLGMD2、TPXLGMD3、TPXLGMD4、TPXLGMD5

 

追加されたT3278MDEの内容:

T3278MDE MODEENT LOGMODE=T3278MDE,                      

               TYPE=1,                                  

               FMPROF=X'03',                            

               TSPROF=X'03',                            

               PRIPROT=X'B1',                           

               SECPROT=X'90',                           

               COMPROT=X'3080',                         

               RUSIZES=X'8888',                         

               PSERVIC=X'028000000000000000000300'

 

当事象解消には以下の項目を確認してください。

 

1     TPX 5.3のLOGMODEテーブルを再ロード

 

     -     データセットTPX.CB0VSRCは、データセット SYS1.VTAMLIB へコピーすべき5つのLOGMODEテーブルを格納しています。

           これらのテーブルは、TPX.CB0VJCLのメンバーLOGMODEにてコピーできます。

     -     SYS1.VTAMLIB またはCB0VSRCからLOGMODEテーブルをコピーしたデータセットが

          VTAMのStarted Taskに指定されていることを確認してください。

 

2     カスタマイズされたLOGMODEテーブルを使用している

   

     -     T3278MDEによるTPX 5.3のLOGMODEテーブルに対する新機能を、カスタマイズされたLOGMODEテーブルへ反映する必要があります。

           CICSへのセッション定義のApplication Characteristics Table (ACT)メンバーで設定の必要がない

           Model Sensitive = Y や Extended datastream = Y を設定している

     -     現在、これらパラメータ要件は、CICSにて問題を解消できるため、パラメータ設定は必要ありません。

          アプリケーションにて、これらのパラメータ設定の必要がある場合、CAサポートまでご連絡ください。

 

なお、TPX 5.3のLOGMODEテーブル再ロード手順は以下マニュアルをご参照ください。

 

  Installation Guideの

  Chapter 6: Configuring Your Product

    Copy the Logmode Tables

    Copy the Startup Procedure

Attachments

    Outcomes