保留および認識済みメッセージを抽出する方法

Document created by shunsuke_katakura Employee on Jul 24, 2015
Version 1Show Document
  • View in full screen mode

文書番号:            JTEC001913

製品名:                NSM

バージョン:           -

OS:                     -


◆ 質問

保留および認識済みメッセージを抽出する方法を教えてください。

◆ 回答

'cautil select conlog' を使用して保留および認識済み/応答済みメッセージを抽出します。

「応答済み」メッセージを抽出するには、 'cautil select conlog' ステートメントにキーワード TYPE=RPLY を使用します。

例 :cautil select conlog type=RPLY list conlog

オペレータの応答待ちのメッセージを抽出するには、 'cautil select conlog' のキーワード TYPE=WTOR を使用します。

例 :cautil select conlog type=WTOR list conlog

認識済みまたは保留のメッセージに使用できるキーワードはありません。回避策として、 CSV 形式のファイルを生成し、(たとえば、'grep' を使用して)「MSGACK」 または 「KEEPMSG」 の文字列を含むメッセージを選択します。

例 :cautil select conlog list conlog out=C:\conlog.csv

Attachments

    Outcomes