NCLの内容を修正し、「SYSPARMS UNLOAD=NCL名」を発行にてRELOAD後再実行しましたが修正が反映されません。LISTコマンドで確認すると意図したNCLではないNCLがロードされているようです。このNCLはどこからSOLVEにロードされたのか確認することはできますか?

Document created by IKU-OSAKA Employee on Jul 28, 2015
Version 1Show Document
  • View in full screen mode

文書番号: JTEC001288

 

製品名:CA SOLVE:Operations

バージョン:All

OS: z/OS

 

Question


NCLの内容を修正し、「SYSPARMS UNLOAD=NCL名」を発行にてRELOAD後再実行しましたが修正が反映されません。LISTコマンドで確認すると意図したNCLではないNCLがロードされているようです。このNCLはどこからSOLVEにロードされたのか確認することはできますか?


Answer


SOLVE空間へロードされるNCLは、RUNSYSINのDD COMMANDSで指定のデータセットよりロードされます。

 

NCL修正RELOAD後の再実行で修正が反映されない場合、RUNSYSINのDD COMMANDSで上位指定されるデータセット内に、同名のNCLメンバーが存在している可能性があります。SOLVEにログイン後、OCSまたは「=CMD」からのコマンドエントリー画面より、「SH EXEC,LIST=ALL」コマンドを発行することで、SOVLEがNCLロード時に参照するRUNSYSINのDD COMMANDSに格納されるNCLメンバー名をデータセット単位で確認することができます。

 

SH EXEC,LIST=ALL出力例:

 

N13907 MEMBERS IN CONCATENATION 0     -->   RUNSYSINのDD COMMANDSで上位指定のデータセットに

格納のメンバー

N13903  $$SYSPRO  $AMPARMP  $BSCALL   $LITC15P  $NMPEXIT  $NMPMENU  $NMSYPKG

N13903  $REAOMM   $RERM01H  $RMAOMMX  $RMAOMP   $RMCONS   $RMDS03H  $RMIC01D

                                            :

N13907 MEMBERS IN CONCATENATION 1     -->   RUNSYSINのDD COMMANDSで2番目に指定のデータセット

に格納のメンバー

N13903  $RCINWIZ  $ROINWIZ  $RPCONS   $RPINITP  $RPINWIZ  $RPLGBDL  $RPLGBPL

N13903  $RPLGPRC  $RPMN01M  $RPM010M  $RPPAMML  $RPPAMPS  $RPPAMST  $RPPAMUS

                                            :

N13907 MEMBERS IN CONCATENATION 2     -->   RUNSYSINのDD COMMANDSで3番目に指定のデータセット

に格納のメンバー

N13903  $ELAL000  $ELAP08M  $ELCM000  $ELEV000  $ELEV06T  $ELHCMP1  $ELIN03D

N13903  $ELIN07I  $ELMSGEX  $ELRG30T  $ELRG31T  $ELSA10C  $ELSCMP1  $ELSCMP2

Attachments

    Outcomes