CA JCLCheck FAQ一覧表

Document created by YOSHINORI_MOMIKI Employee on Sep 16, 2015Last modified by Soichi_Nagatomo on May 8, 2017
Version 1Show Document
  • View in full screen mode
CA JCLCheck FAQ一覧表
JCK001CA JCLCheckのバージョンを確認する方法を教えて下さい。
JCK002新たなシステムでEDCHEK機能(!JCKコマンド)を実行したところ、CAY6164SもしくはCAY6390メッセージが出力されます。
JCK003JCL内の特定の文字列を別の文字列に一括で変える方法がCA JCLCheckの機能でありますか?
JCK004あるオプションを、CA JCLCheckの実行形態に関わらず(バッチでもEDCHEKでもSUBCHEKでも)有効にしたいのですが?
JCK005EDCHEK機能で実行するオプションを変更したいのですがどうすれば良いですか?
JCK006EJCKコマンド(IBM環境のみ)を使用するのに必要な設定は何がありますか?
JCK007CA JCLCheckを実行した時に現在有効となっているオプションを確認するにはどうしたら良いですか?
JCK008メッセージの深刻度を変えたいのですが可能ですか?(例えばCAY6xxxE---> CAY6xxxWに変更)
JCK009EDCHEK機能で、多くのステートメントを持つJCLをチェックした場合、エラー箇所がかなり下にあるとエラー箇所に到達するのに何度もスクロールしないといけないのですが、良い方法はありますか?
JCK010CA JCLCheckを実行する際に、チェック対象のJCL内に指定されているデータセットに対するセキュリティのチェックを行なう事は可能ですか?
JCK011EDCHEK機能で、多くのステートメントを持つJCLをチェックした場合、エラー箇所が多いとエラーを確認するのに何度も画面をスクロールしなくてはならず面倒なのですが、何か良い方法はありますか?
JCK012CA JCLCheckのHYPER(重要) PTFをどのようにして入手できますか?
JCK013Warningレベル(RC=04)以下のメッセージは出力しないようにしたいのですが?
JCK014CA JCLCheckのリリース・アップに伴って、新たなLMP(ライセンス)キーを取得する必要はありますか?
JCK015複数のジョブ(JCL)をチェックした場合、全体としてジョブの個数や、STEP数、DDステートメントの数が幾つであるか確認できますか?
JCK016複数のジョブ(JCL)をチェックした場合、CA JCLCheckの実行STEPのリターン・コードとしては一番最後のジョブにおける最高深刻度が返されているが、これをチェックした全てのジョブにおける最高深刻度を返すようにできますか?
JCK017CA JCLCheckの実行STEPのSTEPCAT/JOBCAT DDにおいてユーザ・カタログが指定されていると、チェック対象のJCLにおいてSTEPCAT/JOBCATが指定されていなくてもそのユーザ・カタログがCA-JCLCheckの探索対象となり、実行するとエラーになるジョブのチェック結果がエラーなしとなってしまいますが、これは正しいのしょうか?
JCK018特定のプレフィックスで始まるデータセットのみについて、存在チェックを行なうように制限したいのですが可能ですか?
JCK019チェック対象のJCL内に指定されているデータセットの情報について、一覧表示できますか?
JCK020チェック対象のJCL内に指定されているプログラムの情報について、一覧表示できますか?
JCK021幾つかのユーティリティについてはコントロール・カード内のステートメントについてチェックが行なわれますが、どのようにしてチェックがされているのですか?
JCK022CA-JCLCheckのマニュアルはどこから入手できますか?
JCK023検証JCLの途中に//が記述されていた場合RC=64で終了するのですがなぜですか?
JCK0241つのVSAMファイルに対して複数行のCAY6127Wメッセージが出力されるのですが、1つのメッセージに纏めることは出来ますか?
JCK025DCBCHKオプションについて教えてください。
JCK026DSNERRオプションについて教えてください。
JCK027CONDオプションについて教えてください。
JCK028STEPMSGオプションについて教えてください。
JCK029PNFMSGオプションについて教えてください。
JCK030r7.1のSP01からSP05にアップグレード後、バッチチェックを実行した際に、下記CAY6111Iメッセージが出力されるようになりました。このメッセージを出力しないようにすることは可能ですか?
JCK031z/OS v1.7以上では、JCLのJOBCAT/STEPCATが廃止されますが、JOBCAT/STEPCATの指定があるJCLに対して、JCLCheckから何らかの警告メッセージが出力されますか?
JCK032r11.0以降もSPECIAL FEATUREを利用することは可能ですか?
JCK033!JCKを実行した際、==MSG> で表示される情報の他に、=NOTE=で表示される情報が出力されることがあります。これを抑止することは可能ですか?
JCK034CAY6036Sメッセージの抑止方法について
JCK035CAY6408Iメッセージの抑止方法について
JCK036CA JCLCheckのメンテナンス作業として、最新PTFを適用予定です。PTF適用以外に対応が必要な事項はありますか?
JCK037r11.0から新たに追加された、MCOSYSオプションの使用方法について教えてください。
JCK038r11.0から新たに追加されたMCOUSRオプションは、MCOSYSオプションとは機能上同じですか?違いがあれば教えてください。
JCK039JCLMSGで深刻度をカスタマイズしています。MCOUSRやMCOSYSオプションと併用することは可能ですか?
JCK040!JCKでJCLを検証する際に、カタプロを展開して表示することはできますか?
JCK041r7.1からr11.0へアップグレードしています。r7.1ではAUTOPROCを利用していたので、r11.0でも利用するつもりです。  r7.1では、事前にUSERMOD(MZ27147)の導入が必要でしたがr11.0でも必要ですか?
JCK042CA JCLCheckは、z10プロセッサ(CPU)に対応していますか?
JCK043r11.0を導入中です。これまでのリリースではロード・モジュールはCAILIBという名前のライブラリでしたが、r11.0ではCAILIBが見当たりません。
JCK044CAY6092Iメッセージについて教えてください。また、このメッセージを抑止することは出来ますか?
JCK045BLKSIZEが指定されていない場合に出力されていたCAY6087Wメッセージについて教えてください。
JCK046SECオプションによるJCL検証時の疑似セキュリティチェックとは何ですか?
JCK047r11.0でJCLDFLTメンバーをアセンブル/リンクする為のサンプルJCLが見当たりません。該当するメンバー名を教えてください。
JCK048r11.0へアップグレードしてJCLを検証したところ、メッセージCAY6039Sが出力され、RC=12となりました。
JCK049z/OS v1.7以上への移行に備えて、現行のz/OS v1.6上でJOBCAT/STEPCATの廃止作業を進めています。JOBCAT/STEPCATのDD文が確実に削除されていることをテストする方法はありますか?CA JCLCheckで構文エラーとして検出できますか?
JCK050CA JCLCheckをr11.0へアップグレードしてJCLを検証したところ、メッセージCAY6037Eが出力され、RC=12でJCLの検証が実施されませんでした。 r7.1でもCAY6037Eメッセージは出力されますが、JCLの検証は実施されます。r11.0では、なぜJCLの検証が行えないのでしょうか。
JCK051JCLをCA JCLCheckで検証して、特に問題が無ければそのまま実際にSUBMITすることは可能ですか?
JCK052CA JCLCheckを実行するとREPORT2にSYSIN CARDが出力されるものとされないものがあります。何故このような事象が起きるのでしょうか?
JCK053CA JCLCheckはうるう年に対応していますか?
JCK054CA JCLCheckはzEnterprize EC12(zEC12)プロセッサに対応していますか?
JCK055CA JCLCheckのアグリゲートメンテナンス(Aggregate maintenance(AM))とは、何ですか?
JCK056CA JCLCheckのアグリゲートメンテナンス(Aggregate maintenance(AM))を、CA Support Onlineから入手する方法を教えてください。
JCK057CA JCLCheckをバッチで実行するサンプルJCLはありますか?
JCK058r11 SP01を導入し、アグリゲートメンテナンスを全てRECEIVEしようとしましたが、下記のエラーとなりました。
JCK059r7.1からr11.0へアップグレードしたところ、CAY6077Wのメッセージが出力されました。
JCK060CSIオプションとは何ですか?
JCK061r12.0を導入中です。 r11.0ではロード・モジュール・ライブラリの名前がCAILOADに変更されていましたがr12.0でも同じ名前でしょうか?
JCK062CA JCLCheckはIBMホストのMCL(Micro Code Level)変更の適用に影響はありますか?
JCK063r12.0でJCLDFLTメンバーをアセンブル/リンクする為のサンプルJCLが見当たりません。該当するメンバー名を教えてください。
JCK064r12.0へアップグレードしました。旧リリースでは検証対象ではなかったIEBCOPYやIEBGENERのシンタックスがチェックされるようになっています。 リリースノート等にIEBCOPYやIEBGENERのシンタックスチェックに関連する記載はないようですが、これはr12.0の新機能ですか?
JCK065r7.1からr11.0 SP01へアップしました。r11.0環境にて以下VSAM PATHステートメントを検証すると、r7.1環境では発行されなかったエラーメッセージCAY6066Eが出力されます。
JCK066r11.0からr12.0へアップグレードを計画しています。r11.0では以下のようなパラメータをCAS9のJCL内のCARIMPRMの中に指定しています。 r12.0ではどのように指定すればよいでしょうか?
JCK067r11.0からr12.0へアップグレードしたところ、以下のCAY6374Eメッセージが出力されました。 以前のバージョンでは、出力されていませんでしたが正しいでしょうか?
JCK068r11.0からr12.0へアップグレードしていますが、ユーザーEXITのアセンブルリンク処理でRC=08でエラーとなりました。r11.0とr12.0では、$GETMAIN マクロに変更があるようです。どのように対応すればよいでしょうか。
JCK069r11.0からr12.0へアップグレードしたところ、以下のJCLにてCAY6119Eメッセージが出力されました。 この事象はISPF、バッチ共に出力されます。 r11.0では出力されていませんでしたが、正しいでしょうか?
JCK070r11.0からr12.0にアップグレードしました。IDCAMSのSYSINに不正なDSNを指定した場合のチェック結果において、r11.0とr12.0で出力されるメッセージが異なります。
JCK071r11.0からR12.0へアップグレードする予定です。R12.0でもR11.0のJCLCheck ERROR EXIT、CAZ1XERRをそのまま使用できますか?
JCK072CA JCLCheck r12.0からの新機能でADRDSSUユーティリティーコントロールカードのチェック機能が追加されていますが、これらの機能を抑止することは可能ですか。
JCK073CA JCLCheckr12.0からの新機能であるADRDSSUユーティリティーコントロールカードのチェック機能を利用したところ、REGION不足で異常終了しました。現在、REGIONサイズは4096Kですが、どれくらいのREGIONサイズを指定すれば良いでしょうか。
JCK074r11.0からr12.0へアップグレード後にAUオプション(AUTOPROC)を使用したところ、CAY6182S のエラーにてCA JCLCheckが正常に処理できませんでした。
JCK075r11.0からr12.0へアップグレード後に複数のJCLをバッチのCA JCLCheckを使って一括して検査したところ、r11.0とr12.0で違いがありました
JCK076複数のJCLをPSファイルやPDSファイルに格納してCA JCLCheckにて検証していますが、各JCL間でのデータセットの関連性を検証させることはできるでしょうか?
JCK077CA JCLCheck r12.0の導入においてJCS 標準データベース はr12.0用に再作成が必要ですか?
JCK078JCLCheck v12.0のSECオプションの機能拡張について
JCK079CAY6644I メッセージについて
JCK080JCLENTマクロのFL=YES指定について
JCK081CAY6439Eメッセージについて
JCK082PTFのRECEIVE処理でS001-4でABENDしました。対応方法を教えてください。
JCK083元号の変更が行われた場合、CA製品に何か影響がありますか? 
JCK084CA JCLCheck 12.0 の導入データで S1607とは どのようなレベルですか? 
JCK085CA JCLCheck 12.0 S1607 導入後に必要な作業について      
JCK086PTF RO91113適用後に必要な作業はありますか? 

Attachments

    Outcomes