クエリの拡張データタイプを用いたグリッドポートレットの設定方法について

Document created by Hatori_Tomomichi Employee on Oct 27, 2015Last modified by Hatori_Tomomichi Employee on Oct 27, 2015
Version 1Show Document
  • View in full screen mode

文書番号: JTEC002371

対象製品: CA Clarity13.x Clarity 14.x

プラットフォーム: Windows


◆ 質問

ユーザのログイン状況を取得するグリッドポートレットに対して、ルックアップ「ユーザのステータス(アクティブ、ロック、非アクティブ)」を指定してフィルタを行いたいが、

現状リストフィルタセクションのフィールドを確認すると、データタイプが「数字」となっており、ポートレットページで確認を行うと数字のみが入力可能となっています。

この部分をルックアップ「ユーザのステータス」の「プルダウン」からアクティブ、ロック、非アクティブを選択できるようにしたいと考えております。

 

このようにルックアップを指定してフィルタを行うことは可能でしょうか?


◆ 回答

ルックアップで「ユーザのステータス」を指定するためには、クエリの拡張データタイプでルックアップを指定することができますので、ここで「ユーザのステータス」を指定してください。

またルックアップを「プルダウン」から選択できるようにするためには、ポートレットのリストフィルターフィールドの設定でステータスフィールドの表示タイプをプルダウンに設定してください。

 

クエリの例:

SELECT   @SELECT:DIM:USER_DEF:IMPLIED:RESOURCE:U.ID:ID@,

         @SELECT:DIM_PROP:USER_DEF:IMPLIED:RESOURCE:U.USER_NAME:NAME@,

         @SELECT:DIM_PROP:USER_DEF:IMPLIED:RESOURCE:U.USER_STATUS_ID:STATUS@,

         @SELECT:DIM_PROP:USER_DEF:IMPLIED:RESOURCE:U.LAST_LOGGED_IN_DATE:DATE1@

FROM     CMN_SEC_USERS U

WHERE @FILTER@

 

クエリ属性の設定例(クエリの拡張データタイプの設定):

JTEC002371_extend.jpg

ポートレットの設定例(プルダウンの設定):

JTEC002371_portlet.jpg

ユーザのステータス(アクティブ、ロック、非アクティブ)を指定したポートレットの表示結果:

JTEC002371_portlet_result.jpg

Attachments

    Outcomes