CA Datacom/ADは、まだCA-C Runtime機能を必要としますか?

Document created by KAZUHIKO_FURUISHI Employee on Nov 30, 2015
Version 1Show Document
  • View in full screen mode

文書番号: JTEC001168

 

製品名: CA Datacom/AD

バージョン: v14.0

OS: z/OS

 

Question

 

CA Datacom/ADは、まだCA Common Servicesのレガシー・コンポーネントであるCA-C Runtime機能を必要としますか?

 

Answer

 

CA Datacom/AD v14.0からは、基本的にCA-C Runtime機能を使用する必要性がなくなりました。

 

ただし、CA JARSCA PMA/ChargebackCA Datacom/ADを使用している場合、CA JARSCA PMA/Chargebackとの間のCALLSQIインタフェースをとるにはCA-C Runtime機能を使用するため、CA-C Runtimeコンポーネント(※)のインストールが必要です。

 

(※)CA Common Services v14.0v14.1において、CA-C RuntimeのコンポーネントFMIDCAF3E00です。

      このコンポーネントをインストールすると、CCCSLINKライブラリにCA-C Runtimeモジュールが作成されます。

Attachments

    Outcomes