Web AgentのProxyTrust設定について

Document created by Seiji_Moriyama Employee on Jan 8, 2016
Version 1Show Document
  • View in full screen mode

文書番号: JTEC002463

製品名:CA Single Sign-On

バージョン:全バージョン

OS:All

 

Web Agentを組み込んだリバースプロキシサーバやSecure Proxy Serverの背後のWebサーバでWeb Agentを動作させた場合、前段のWeb Agentのエージェント設定オブジェクトにProxyAgent=Yesを設定し、後段のWeb AgentにはProxyTrust=Yesを設定することで、後段のWeb Agentは前段のWeb Agentの判定結果を受け入れ、Policy Serverに再判定の処理を要求しないようになります。

Secure Proxy Server等を経由せずに直接背後のWebサーバにアクセスした場合は、ProxyTrust=Yesが設定されていてもWeb Agentは認証や許可の判定処理をPolicy Serverに要求します。

ProxyAgent=YesおよびProxyTrust=Yesの設定は、Policy Serverに掛かる負荷の軽減等に有効です。

Attachments

    Outcomes