Red Hat Apache Web Server 2.4.xのsystemctl起動コマンドとWeb Agent設定について

Document created by Koichi_Ikarashi Employee on Feb 5, 2016Last modified by Koichi_Ikarashi Employee on Dec 12, 2016
Version 2Show Document
  • View in full screen mode

文書番号: JTEC001883

製品名: CA Single Sign-On

バージョン: r12.5x

OS: Red Hat Enterprise Linux 7.x

 

◆ 問題の概要

 

Red Hat Enterprise Linux 7RHEL 7)では、サービス起動・停止用に従来のserviceコマンドではなくsystemctlコマンドが使用されます。Red Hat Apache 2.4 Webサーバの起動であれば以下となります。

 

# systemctl start httpd.service

 

Web Agentをインストール・構成した場合、Red Hat Apache 2.4自動起動のための設定はどのようにすればよいでしょうか?

 

RHEL 6までは、/etc/sysconfig/httpdファイルに以下のようにca_wa_env.shファイルをソースするようにしていました。しかし、RHEL 7では環境変数の定義は可能ですが、このようなソース行は実行されません。

 

ソース実行例:

. /opt/CA/webagent/ca_wa_env.sh

 

◆原因と対策

 

RHEL7Red Hat Apache 2.4自動起動のための事前設定:

 

RHEL 7では、/etc/sysconfig/httpdファイルでは環境変数の定義は可能ですがソースなどは実行されないので、/etc/sysconfig/httpdca_wa_env.shファイルの記載内容を引用する必要があります。(この際、必ずすべての${環境変数}を実際の値に書き換える必要があります。)

これによりca_wa_env.shファイルをソースするのと同等の結果を得ることができます。

 

なお、以下の環境変数は予め envコマンドなどで値を確認してください。
(1) LD_LIBRARY_PATH
(2) PATH

 

  • ca_wa_env.shファイルの書き換え例:

Boldが有効な設定で他はコメントアウトしてあります。


NETE_WA_ROOT=/opt/CA/webagent
#export NETE_WA_ROOT

NETE_WA_PATH=/opt/CA/webagen/bin
#NETE_WA_PATH=${NETE_WA_ROOT}/bin
#export NETE_WA_PATH

CAPKIHOME=/opt/CA/webagent/CAPKI
#export CAPKIHOME

LD_LIBRARY_PATH=/opt/CA/webagent/bin:/opt/CA/webagent/bin/thirdparty
#LD_LIBRARY_PATH=${NETE_WA_ROOT}/bin:${NETE_WA_ROOT}/bin/thirdparty:${LD_LIBRARY_PATH}
#export LD_LIBRARY_PATH

PATH=/opt/CA/webagent/bin:/usr/local/sbin:/usr/local/bin:/sbin:/bin:/usr/sbin:/usr/bin:/root/bin
#PATH=/opt/CA/webagent/bin:${PATH}
#PATH=${NETE_WA_PATH}:${PATH}
#export PATH

 

  • /etc/sysconfig/httpdファイルにの上記書き換え内容を引用した例:

# This file can be used to set additional environment variables for
# the httpd process, or pass additional options to the httpd
# executable.

#
# Note: With previous versions of httpd, the MPM could be changed by
# editing an "HTTPD" variable here. With the current version, that
# variable is now ignored. The MPM is a loadable module, and the
# choice of MPM can be changed by editing the configuration file
# /etc/httpd/conf.modules.d/00-mpm.conf.
#

#
# To pass additional options (for instance, -D definitions) to the
# httpd binary at startup, set OPTIONS here.
#
#OPTIONS=

#
# This setting ensures the httpd process is started in the "C" locale
# by default. (Some modules will not behave correctly if
# case-sensitive string comparisons are performed in a different
# locale.)
#
LANG=C

 

################################

# EXPANSION OF "ca_wa_env.sh"

################################

 

NETE_WA_ROOT=/opt/CA/webagent

 

NETE_WA_PATH=/opt/CA/webagen/bin

 

CAPKIHOME=/opt/CA/webagent/CAPKI

 

LD_LIBRARY_PATH=/opt/CA/webagent/bin:/opt/CA/webagent/bin/thirdparty

 

PATH=/opt/CA/webagent/bin:/usr/local/sbin:/usr/local/bin:/sbin:/bin:/usr/sbin:/usr/bin:/root/bin

 

 

Red Hat Apache Webサーバの自動起動について:

 

Red Hat Apache Webサーバの自動起動は通常のsystemctlでの自動起動の設定手順に従います。(なお、RHEL7Red Hat Apache 2.4自動起動のためには上述の事前設定が前提です。

 

設定例:

# systemctl enable httpd.service

 

◆補足

systemctlによるRed Hat Apache Web Server/Web Agentの起動・停止につきましては、すでに機能拡張リクエスト(以下URL参照)が登録されています。製品への実装を要望される方は、該当のリクエストに対し賛成票/コメントの追加をお願いします。

 

該当URL: https://communities.ca.com/ideas/235729306

機能拡張リクエストタイトル:”Start/stop Red Hat Apache 2.4 (RHEL 7) / Web Agent using systemctl command”

Attachments

    Outcomes