SPS起動時に作成されるARCOT_HOMEディレクトリの問題について

Document created by Koichi_Ikarashi Employee on Feb 5, 2016Last modified by Koichi_Ikarashi Employee on Jul 27, 2016
Version 3Show Document
  • View in full screen mode

文書番号: JTEC002472

製品名: Secure Proxy Server

バージョン: r12.52 SP1

OS: All

 

◆ 問題の概要

Secure Proxy Server r12.52 SP1においてsps-ctl startコマンドを実行すると、実行時ディレクトリ配下に予期しない"ARCOT_HOME"ディレクトリが作成されます。

 

以下はLinux版での実行例です。

# cd /opt/CA/secure-proxy/proxy-engine

# ./sps-ctl start

 

# ls -lR ARCOT_HOME/

ARCOT_HOME/:

total 4

drwxr-xr-x 2 nobody nobody 4096 Nov 30 12:00 logs

 

ARCOT_HOME/logs:

total 0

-rw-r--r-- 1 nobody nobody 0 Nov 30 11:59 CAWebFlowLog.txt

-rw-r--r-- 1 nobody nobody 0 Nov 30 12:00 UIAppLog.txt

#

 

◆原因と対策

これはバージョンr12.52 SP1で導入された新機能Advanced Authentication Server (AAS)の不具合によるものです。"ARCOT_HOME"ディレクトリにはログファイルが作成されますが0バイトであり影響はありません。

 

この不具合は12.52 SP1 CR05において修正されました。CR05へアップグレードしてください。

 

◆補足

この問題は、AAS用のログ設定ファイルを以下のように書き換えることで回避することができます。

 

対象ファイル:

<CA_SECURE_PROXY_INSTALL>/arcot/conf/

(1) cawebflow_log4j.xml

(2) uiapp_log4j.xml

 

各設定ファイル中の環境変数名"ARCOT_HOME"を実際のインストールディレクトリパス名"<secure-proxy>/arcot"で置き換えます。(例では"/opt/CA/secure-proxy/arcot”を使用しています。)

 

(1) cawebflow_log4j.xml

オリジナル:

Line 9:     <param name="file" value="ARCOT_HOME/logs/CAWebFlowLog.txt" />

Line 18:       <param name="FileNamePattern" value="ARCOT_HOME/logs/Backup/CAWebFlowLog.%d{yyyy-MM-dd}.txt" />

修正例:

Line 9:     <param name="file" value="/opt/CA/secure-proxy/arcot/logs/CAWebFlowLog.txt" />

Line 18:       <param name="FileNamePattern" value="/opt/CA/secure-proxy/arcot/logs/Backup/CAWebFlowLog.%d{yyyy-MM-dd}.txt" />

 

(2) uiapp_log4j.xml

オリジナル:

Line 9:     <param name="file" value="ARCOT_HOME/logs/UIAppLog.txt" />

Line 18:       <param name="FileNamePattern" value="ARCOT_HOME/logs/Backup/UIAppLog.%d{yyyy-MM-dd}.txt" />

修正例:

Line 9:     <param name="file" value="/opt/CA/secure-proxy/arcot/logs/UIAppLog.txt" />

Line 18:       <param name="FileNamePattern" value="/opt/CA/secure-proxy/arcot/logs/Backup/UIAppLog.%d{yyyy-MM-dd}.txt" />

Attachments

    Outcomes