フィーダで共有アカウントを作成する際のDO_NOT_VALIDATE属性の使用について

Document created by Manabu_Taniguchi Employee on Oct 13, 2016
Version 1Show Document
  • View in full screen mode

文書番号: JTEC002543

製品名: CA Privileged Identity Manager

バージョン: 12.9以降

OS: 全て

 

内容

CA Privileged Identity Manager (以下 CA PIM) エンタープライズ管理で、フィーダを使用して共有アカウントを作成する際のDO_NOT_VALIDATE属性の使用について。

 

詳細内容

フィーダで使用されるCSVファイルのDO_NOT_VALIDATE属性は、[検証しない]属性の設定に使用されます。フィーダによる共有アカウントの作成 (CREATE) において、CSVファイルでDO_NOT_VALIDATE属性を指定しない場合のデフォルト値は、12.8以前ではfalseとなっていましたが、12.9以降ではtrueに変更されました。

 

また、12.9以降ではCSVファイルでDO_NOT_VALIDATE属性にfalseに設定しても、その設定値は無視されて、作成された共有アカウントの[検証しない]属性は有効となります。そのため、12.9以降ではDO_NOT_VALIDATE属性をフィーダによる共有アカウント作成では使用することはできません。なお、12.9以降でも、フィーダによる共有アカウントの変更 (MODIFY)ではDO_NOT_VALIDATE属性をCSVファイルに指定して共有アカウントの[検証しない]属性を変更することは可能です。

 

12.9以降でフィーダにて共有アカウントを作成して、その共有アカウントの[検証しない]属性を無効に設定するには、WebUIから共有アカウントを手動で変更するか、CSVファイルでDO_NOT_VALIDATE属性にfalseを指定してフィーダで共有アカウントを変更していただく必要があります。

 

Attachments

    Outcomes