CA 7 r12.0スタートオプションでTYPE=MOVQが廃止されましたが、代わりに利用できるオプションはありますか?

Document created by YOSHINORI_MOMIKI Employee on Feb 10, 2017Last modified by YOSHINORI_MOMIKI Employee on Feb 13, 2017
Version 1Show Document
  • View in full screen mode

文書番号: JTEC002572

 

製品名:CA Workload Automation SE(CA 7)

 

バージョン:R12.0

 

OS: z/OS


Question

 

CA 7 r12.0スタートオプションでTYPE=MOVQが廃止されましたが、代わりに利用できるオプションはありますか?

 

Answer

 

TYPE=ERSTもしくはTYPE=CKPTのいずれかをご利用ください。

 

参考情報;
TYPE=ERST:CA 7が異常終了した際にリカバリーするために使用できます。またキュー情報はクリアされません。
TYPE=CKPT:チェックポイントファイルを再初期化されること以外はTYPE=ERSTと同じ機能となります。

このオプションはr12.0より追加された機能で、チェックポイントをCA7の起動時間にリセットしたい場合には、このオプションをご利用ください。

詳細につきましては、CA Workload Automation CA 7 EditionのSystems Programming GuideのStartup Optionsをご覧ください。

Attachments

    Outcomes