DataDirect ODBCドライバーのトレース情報に時刻を出力させる設定について

Document created by Koichi_Ikarashi Employee on Mar 16, 2017Last modified by Koichi_Ikarashi Employee on Mar 21, 2017
Version 1Show Document
  • View in full screen mode

文書番号: JTEC002506

製品名: CA Single Sign-On Policy Server

バージョン: r12.5x, 12.6

OS: UNIX/Linux

 

◆ 概要

UNIX/Linux Policy Serverでポリシーストア、ユーザストアにデータベースを使用する場合、DataDirect ODBCドライバーを使用します。

Policy Serverとデータベース間のトランザクションについてトラブルシューティングする場合、DataDirect ODBCドライバーのトレース情報を出力することができます。トランザクションの時刻(タイムスタンプ)はオプション指定となります。

 

◆設定

 

設定ファイルsystem_odbc.iniで以下の指定を行います。変更後はPolicy Serverを再起動します。

  • Trace=1でトレースを有効にします.
  • TraceOptions=3でタイムスタンプを出力します.
    補足:値3は行単位でタイムスタンプ、親プロセスID、プロセスIDを出力します。

 

設定ファイル:  <siteminder>/db/system_odbc.ini

 

設定箇所:

[ODBC]

Trace=1

TraceFile=/opt/CA/siteminder/db/odbctrace.out

TraceDll=/opt/CA/siteminder/odbc/lib/NStrc27.so

InstallDir=/opt/CA/siteminder/odbc

TraceOptions=3

 

出力例抜粋(odbctrace01.out):

2017-03-15 06:45:24.699529 ppid=13010:pid=13011:e4f3ab70: ENTER SQLFreeHandle

2017-03-15 06:45:24.699529 ppid=13010:pid=13011:e4f3ab70: SQLSMALLINT 2 <SQL_HANDLE_DBC>

2017-03-15 06:45:24.699529 ppid=13010:pid=13011:e4f3ab70: SQLHANDLE 0x9a10310

2017-03-15 06:45:24.699610 ppid=13010:pid=13011:e4f3ab70: EXIT SQLFreeHandle with return code 0 (SQL_SUCCESS)

2017-03-15 06:45:24.699610 ppid=13010:pid=13011:e4f3ab70: SQLSMALLINT 2 <SQL_HANDLE_DBC>

2017-03-15 06:45:24.699610 ppid=13010:pid=13011:e4f3ab70: SQLHANDLE 0x9a10310

 

◆ 参考情報

 

TEC477982 : Is it possible to get timestamps in the ODBC trace file for UNIX systems?

 

Community Document: ODBC Tracing :: How to set number of files to keep, change the rotation size and to print the current timestamp, parent process id, process id, and thread id for all ODBC functions to the output file

 

キーワード

DataDirect ODBC Wire protocol driver, Trace, TraceOptions, timestamp

Attachments

    Outcomes