スクリーニングテーブルステートメントMPFSUPPのデフォルト値 YESをNOに変更できますか?

Document created by Soichi_Nagatomo Employee on Apr 25, 2017Last modified by Soichi_Nagatomo Employee on Apr 26, 2017
Version 6Show Document
  • View in full screen mode

文書番号: JTEC002045

 

製品名:CA SOLVE:Operations

バージョン:5.0

OS: z/OS

 

Question

 

スクリーニングテーブルステートメントMPFSUPPのデフォルト値 YESをNOに変更できますか?

 

Answer

 

はい、変更できます。
スクリーニングテーブルステートメントMPFSUPPは、YESがデフォルト値としてハードコードされ変更はできませんでしたが、以下PTFによりMPFSUPPのデフォルト値変更が可能となりました。
 
APAR #: QO88041
Title: NZ31521 UNABLE TO CHANGE DEFAULT MPFSUPP VALUE
 
MPFSUPPのデフォルト値変更手順は以下の通りです。
1 Prefix.TESTEXECにメンバー$NMPARMSを作成し  「&&000$RM$MPF = NO」  を記載。
2 SOLVEを再起動。
 
SOLVE再起動後、AOM NEWTAB TEST LIST=TERMの出力結果より「$RMAOMG」 を検索し 、そこで「$RMR1    MPFSUPP  NO」が確認できれば スクリーニングテーブルステートメントMPFSUPPのデフォルト値は NOに設定されております。

Attachments

    Outcomes