CA API Gateway: ポート80(HTTP)およびポート443(HTTPS)のリクエストを許可する

Document created by Ryoji_Kadota Employee on Aug 15, 2017Last modified by Ryoji_Kadota Employee on Sep 12, 2017
Version 1Show Document
  • View in full screen mode

文書番号: JTEC002598
製品名: CA API Gateway(アプライアンス)
バージョン: ALL
OS: ALL


◆背景
ポート80およびポート443は、HTTPおよびHTTPSの標準化されたポート番号です。初期設定では、CA API Gatewayはこれらのポートからのリクエストを受け入れません。API Gatewayはポート8080(HTTP)、8443(HTTPS)、および9443(HTTPS)を使用します。ロードバランサー等で標準ポートを使用する場合があり、API Gatewayでこれらのポートのリクエストを許可しなければならない状況が発生することがあります。この文章ではポート80(HTTP)およびポート443(HTTPS)のリクエストを許可する方法を紹介します。

 

 

◆実現方法
Policy Managerの [Manage Lsten Ports]で"firewall rules"を追加して、ポート80をポート8080へ、ポート443をポート8443へリダイレクトすることで、ポート80(HTTP)およびポート443(HTTPS)のリクエストの受け入れが可能になります。

 

手順:

01. Policy Managerのメニューから[Task] -> [Transports] -> [Manage Listen Ports]を選択し、"Manage Listen Ports" ダイアログを開きます。

 

02. "Manage Firewall Rules"ボタンをクリックし、"Manage Firewall Rules" ダイアログを開きます。

 

03. "Create"ボタンをクリックし、"Simple Firewall Rule"ダイアログを開き、以下の図のとおり、ポート80及び、ポート443のリダイレクトルールを設定します。

 

04. "OK"ボタンをクリックします。上記設定後、以下の図のようにルールが追加されます。

 

ルールは即時に反映されます。API Gatewayサービスおよびサーバの再起動は必要ありません。

 

                                                                                                                                                                                       
この情報は、CA Support Online に掲載されている以下のナレッジベースを翻訳、加筆したものです。
TEC0000001004 : Allowing the CA API Gateway to accept message traffic on ports 80 (HTTP) and 443 (HTTPS)

Attachments

    Outcomes