ADRDSSU(DFDSS)を使用した論理ダンプのJCLを使っていますが、例1よりも、例2のようにINCLUDEされる対象データセットの数が多い方が、CA JCLCheckが検証に使用するREGION値は増加しますか?

Document created by YOSHINORI_MOMIKI Employee on Sep 21, 2017Last modified by YOSHINORI_MOMIKI Employee on Oct 16, 2017
Version 1Show Document
  • View in full screen mode

文書番号: JTEC002084

 

製品名:CA JCLCheck

 

バージョン:r12.0

 

OS: z/OS

 

Question

 

ADRDSSU(DFDSS)を使用した論理ダンプのJCLを使っていますが、例1よりも、例2のようにINCLUDEされる対象データセットの数が多い方が、CA JCLCheckが検証に使用するREGION値は増加しますか?

 

例1 - 単一のデータセットをダンプする場合
//SYSIN    DD *                                                    
  DUMP  OUTDDNAME(TAPEOUT) -
        DATASET(INCLUDE(JCK.R12.CAZ2JCL))   -                            
        ALLDATA(*) ALLEXCP OPT(4) TOL(ENQF) SHR                                    
//                                                                

 

例2 - 複数のデータセットをワイルドカード指定でダンプする場合
//SYSIN    DD *                                                    
  DUMP  OUTDDNAME(TAPEOUT) -
        DATASET(INCLUDE(JCK.R12.**))        -                            
        ALLDATA(*) ALLEXCP OPT(4) TOL(ENQF) SHR                                    
//              

 

Answer

 

ADRDSSUコントロールカード検査に使用されるREGION値の増減に関しては、一概に回答できません。

これはADRDSSUコントロールカード検査にADRDSSU PARM='TYPRUN=SCAN'を使用していることから、ADRDSSUの仕様に依存するためです。

 

Attachments

    Outcomes